★TBS夏目三久さんより、テレ朝宇賀なつみアナの谷間が気になる・朝の情報番組リニューアル

3月31日。各局の朝の情報番組がリニューアル。
【EX】グッド!モーニング
宇賀なつみアナが新加入。胸の谷間が気になる^^
amarec(20140331-065835)
amarec(20140331-065848)
amarec(20140331-065906)
amarec(20140331-065937)
amarec(20140331-070049)
amarec(20140331-070119)
【TBS】はやチャン!
佐藤渚アナほか
amarec(20140331-070309)
amarec(20140331-070318)
amarec(20140331-070338)
【TBS】あさチャン!
夏目三久さんほか
amarec(20140331-070440)
amarec(20140331-070452)
amarec(20140331-070500)
amarec(20140331-070505)
amarec(20140331-070600)
amarec(20140331-070630)
amarec(20140331-070719)
amarec(20140331-070757)
amarec(20140331-070821)
【CX】めざましテレビアクア
皆藤愛子さんほか
amarec(20140331-064829)
amarec(20140331-064842)
amarec(20140331-065002)
amarec(20140331-065015)
【CX】めざましテレビ
お天気キャスターに小野彩香さんが登場
amarec(20140331-065124)
amarec(20140331-065154)
amarec(20140331-065238)
amarec(20140331-065307)
amarec(20140331-065358)
【NTV】おはよん
吉竹史さん、千北英倫子さんが登場。
amarec(20140331-063822)
amarec(20140331-063832)
amarec(20140331-063844)
amarec(20140331-064011)
amarec(20140331-064026)
amarec(20140331-064105)
【NTV】ZIP!
小熊美香アナが加入
amarec(20140331-064426)
amarec(20140331-064450)
amarec(20140331-064538)
amarec(20140331-064622)
amarec(20140331-064710)
【NHK-G】NHKニュースおはよう日本
5時台、6時台前半の担当は、寺門亜衣子アナに。
amarec(20140331-062944)
amarec(20140331-063011)
amarec(20140331-063107)
amarec(20140331-063232)
amarec(20140331-063252)
amarec(20140331-063351)
amarec(20140331-063552)
amarec(20140331-063603)
amarec(20140331-063659)

★キチ●●ライター今井舞「普通に小保方さんを見て感じたふうに書いただけ」今後の影響はナシか?

2014/3/28「とくダネ!」(CX)より
”ウソコラム”で朝日新聞が謝罪
bandicam 2014-03-29 10-52-59-120
bandicam 2014-03-29 10-56-24-869
bandicam 2014-03-29 11-05-33-175
bandicam 2014-03-29 11-22-36-079
小倉智昭「小保方さんの人生相談、ということは、架空の人生相談を、掲載したということなのね」
木下康太郎「そうですね、あくまでも架空の人生相談なんですが、問題の記事が掲載されたのが、こちら、朝日新聞デジタルに掲載されまして、そのコラムの名前が、今井舞のウソうだん室、といったコラムでして、これは、今井舞さんというコラムニストが、今話題な人、有名人の、架空の相談を、勝手に考えて、そして勝手に答えていく、という、そういったコラムなんですね。
今回そのタイトルが、”小保方さん、『大人AKB48』で歌手デビュー!”カッコうそ、と書いてあるんですココに。今回のお悩み相談者は、小保方晴子さん、”小保方晴子です、よろしくお願いします”と、小保方さんが人生相談をしたテイで、このコラムというのは書かれているんですけど、
気になる内容を見てみますと、今私は八方塞がりの状態です。今私はある計画を立てています。それは『30歳以上対象の”大人AKB48”の応募』です。さらに、続くんですね、デビュー曲は『人生切り貼りしちゃえるNO!』。古い感じで逆に。大体のイメージはできているので、あとは新垣さん、佐村河内(守)さんのゴーストライターの方に、曲を作って頂ければ、話題性も十分かと。こういった、架空の記事なんですけど、小倉さん、いかがでしょうか」
小倉「ただコレに対して、抗議のようなものがあったわけでしょ?」
木下「そうですね」
小倉「それで、朝日新聞は、取り下げたんでしょ?この記事」
笠井信輔「そういうことなんですよね。このコラムというのは、(連載)3回めなんですけど、今井さん、1回目は、佐村河内さんが相談者として、佐村河内さんが朝日新聞に相談している、記者会見を行う前の姿をくらましている時に、私は、会見をどうすればいいか分かりません、質疑応答どうしましょう、と、こういう質問をすると、今井さんが、それならば、あの南アフリカの、マンデラ大統領の追悼式の時の、あの手話の方を呼んでくれば、登場した瞬間にマスコミの皆さんは、そういうことね、とわかりますから、ぜひオススメします、と答えている。
更には、(レオナルド・)ディカプリオも、すいません、私、アカデミー賞取られませんでした、どうすればいいでしょうかと、朝日新聞に相談している形になっている。それに関しても、痩せるべきです、と答えている。こういうように、シャレで載せているんですが、3回めにして遂に、削除、と、いうことになりました。
こちら、(朝日新聞が)謝っております。理化学研究所を通じて、小保方さん並びに、関係者の方々にご迷惑をおかけしたことについておわびの意を伝えた、ということでして」
小倉「世界中のどこの新聞にもね、風刺漫画とかね、ブラックユーモアだとか、そういうの交えた記事っていうのがあるんですよ。だから何でコレ朝日新聞が、取り下げたのかよく分かりませんけれど、朝日も、万全を期すんだったら、小保方晴子さんの名前を、一字変えるとかね、晴子を雨子にするとかね、そういうふうにすれば、多少は、批判も減ったんじゃないのかな、と思いますけどね」
木下「この記事を書いたですね、コラムニストの今井舞さんは、フジテレビの取材に対して、普通に小保方さんを見て感じたふうに書いただけで、媒体が朝日新聞だったからであります、と言った、冷静なコメントを残しています」
菊川怜「コレ、終わっちゃうんですかね。この(コラムは)」
小倉「ま、終わるんでしょうねコレで。朝日が取り下げた、ということで終わっちゃうんだと思いますけどね。何で朝日は取り下げたのかなー、って私は思いますけどね。強い意志を持って、ネット版に出したんじゃないのかなー、って思いますけどね」
*****
当ブログでも過去に数回取り上げているが、週刊文春を中心に、タレント、有名人に対して、下調べなし、思いつきだけの罵詈雑言を並べる、ナゾのライター・今井舞。
この削除された駄文の一番の問題点は、小保方氏への度が過ぎたオチョクリ、ではなく、単に上から目線でバカにしているだけで、ユーモアが微塵も感じられない、ということである。いつもの”今井舞節”全開だが、初めて今井舞に触れた人は、何だコレ、という感想しかないだろう。
ネットの反応を見ても、コラムの内容は面白い、という感想は殆ど無い。というより、過去の今井の文章自体すべてクソだ、コイツは美人らしいから、今井を重用する編集者と何かあるんじゃないか、という憶測も。
今回の削除騒動で、同業者であるライター・吉田豪や、時事ネタを得意とするタレント・プチ鹿島が今井を批判。プチ鹿島は、TBSラジオ「デイ・キャッチ」で、文春は今井の顔出しインタビューを載せてみては、と提言。今井のことが嫌いではない、気になっている、とのこと。吉田には、ぜひ今井にインタビューして欲しい。なぜ、大した文章力もないのに、紙媒体で重用されるんですかぁ、枕営業ですかぁ、と。
以前、今井が、文春に書いた「鈴木おさむ批判」について、ラジオやTwitterで鈴木に反撃されたが、その後今井は、自らの媒体では鈴木に全く触れず。今回も「なかったコトに」で済ませるつもりか、今井よ。ちなみに、文春の常連執筆者である、宮藤官九郎について一切批判しないのは、文春の意向を受け入れているのだろう。
そのうち、ネットに今井の顔写真が出ると思うので、その時今井がどんな反応を示すか。香ばしい展開である。
以前、ネットで、署名原稿の新聞記者に執拗に絡み、罵っていた男がいた事を思い出す。
この男は、批判相手に、批判を受け入れよ、と常に主張していたが、度を越した批判が責められる。すると男は、自分が批判される側になると、批判は受け入れず、自分を批判する人間を片っ端から批判していく、という恥ずかしい行為をしていた。今井も、この男のように自滅していただきたい(嘲)

★中村うさぎ、キチ●●ライター今井舞を擁護!@5時に夢中!

【TOKYO MX】5時に夢中!3/26
出演:ふかわりょう、内藤聡子、中村うさぎ、美保純
amarec(20140327-070251)
夕刊ベスト8 第7位「朝日 小保方氏の『ウソ相談』で炎上!」(東スポ)
amarec(20140327-070311)
amarec(20140327-070319)
amarec(20140327-070333)
amarec(20140327-070603)
朝日新聞web版に連載中、悪口ライター・今井舞のコラム記事「今井舞 ウソうだん室」。
24日、STAP細胞論文疑惑の渦中にある、小保方晴子氏を題材にした「小保方さん、『大人AKB』で歌手デビュー!(うそ)」の内容が、「度が過ぎる」としてネットで批判が相次ぐ。
小保方氏が、今後の生き方について今井に相談する、という架空記事。小保方氏が、現在募集中の「大人AKB」のエントリー計画を打ち明ける、という内容。ネットでは「悪意しか感じない」「小保方さんが自殺したら責任取れるのか」という批判が殺到。記事は24日じゅうに削除された。
ふかわ「ハイ、うさぎさんいかがでしょうか」
中村「アタシね、コレはね、炎上してるほうがどうかと思うんだよね。だって最初から”ウソ”って書いてあるんでしょ」
ふかわ「そうですね、ハイ」
中村「ウソって書いてあって、悪意とか毒とかがあるわけですよ。でもね、悪意とか毒とかないと、面白くないの。こういうのって。パロディーでしょ。清水ミチコのモノマネと一緒よ。やっぱり悪意とか毒とかあってこそ、パロディーとして成立して面白いわけ。それをさぁ、悪意があるとかさぁ、不謹慎だとかさぁ、小保方さんが自殺したらどうする?しねぇよ」
ふかわ「ちなみに、朝日新聞ていう場所柄もあるんでしょうか」
中村「それもあると思う。朝日新聞がやった、っていうね。そんな固いところが、こんなことやって、とか言ってんだと思うけど、アタシはコレを書いた人(=今井舞)というモノの、才能っていうモノがね、スゴくあると思うの」
ふかわ「この記事を上げた方」
中村「小保方が、いかにも言いそうなことをさぁ。アタシ、このライターさんの味方ですよね」
ふかわ「ちなみにこのライターさんが、朝日新聞でなくどこで掲載してたら炎上起こらなかったでしょうか」
中村「うーん、週刊大衆とか、産経新聞とかじゃない」
ふかわ「サイゾーとかそういったところですか」
美保「エロ本とかいいんじゃない」
ふかわ「同じことを書いても、場所を選んだほうがイイ、ってことでしょうね」
中村「でもいいじゃない、朝日で書いても」
ふかわ「うさぎさん的には、いいんじゃないか、と。ハイ、わかりました、ありがとうございました」
*****
小保方さん、『大人AKB48』で歌手デビュー!(うそ)
文 今井舞 2014年3月24日
今回のお悩み相談者:小保方晴子さん
小保方晴子です。よろしくお願い申し上げます。
ご存じの通り、今私は八方塞がりの状態です。生き地獄です。
自分で撒いた種とはいえ、本当にどうしてこうなることを予測できなかったのか。普通に考えればわかることなのですが、あの時の私には、その感覚がありませんでした。ただ無邪気に「こうだったらいいなぁ」と心に浮かぶまま、近道を作ってその光景を反芻していたというか。毎日毎日をラボだけで過ごすうち、人としての感覚が麻痺していたとしか言いようがありません。もちろん、それが私の犯した行為の説明になるはずがありませんが。
 もう全て無くしました。今後私を雇ってくれる研究所はないでしょう。理研も解雇という形は取らないまでも、私が自主的に姿を消すことを望んでいるはず。この前の会見を見て、それを痛感しました。収入のあてはゼロですが、国費である研究費返還といういばらの道が待っています。額も莫大です。その上日本中に顔を知られて、ひっそり身を立てることももうできません。
何も考えたくない。自分を消し去ってしまいたい。……ですが、このまま一生逃げ続けるわけにもいかないのが現実です。
 どうせ落ちる地獄なら、いっそもっと深いところへ落ちてしまおうか――。そんな考えがふと過り、今私はある計画を立てています。それは、「30歳以上対象の『大人AKB48』応募」です。自分で言うのもアレなんですが、実は歌は結構イケます。他もいろいろ。もし合格できたら、バッシングを乗り越え、いっそこれくらいの開き直りがいい、こんな生き方もあるんだ、人はいつでもやり直しがきくんだ、というところまで世論を持って行く自信があります。
 デビュー曲は「人生切り貼りしちゃえるNO!」。古い感じで逆に。大体のイメージはできているので、あとは新垣さんに曲を作って頂ければ、話題性も十分かと。
……だって他にどんな生き方があるんですか! あるんだったら逆に教えて頂きたいです。私の立場に立った、リアルな道を。
小保方さんへのお答え
 それでいいんじゃないでしょうか。
 ここまで顔も名前も知られてしまったら、確かに田舎でひっそりなんてことも不可能ですね。自己顕示欲の目盛り強めのあなたには「あの小保方さん、イオンの総菜売り場バイトでやっぱり割烹着姿!」などと報じられるのは、死ぬより辛いに違いありません。
 それより、「イチかバチかのバチ当たり! ラボから出てきてホラ話! 千葉県出身、小保方晴子で~す!」と堂々とキャッチフレーズを口にし、胸を張るあなたの方が、あなたらしい気がします。お金を稼いでくれた方が国費も取り戻せますし。話題探しの秋元康先生もきっと飛びつく、実に名案です。
 あなたの本当の発見はこれだったのですね。こちらは人類には何の足しにもなりませんが。今度はどうか実を結びますよう、願ってやみません。
    ◇
■「毒出し」コラムニスト今井舞さんが、有名人の架空のお悩み「ウソうだん」を勝手に考え、勝手に答える「ウソうだん室」。隔週掲載、次回は4月4日の予定です。
*****
中村は、今井というライターを知らないようなので、同じ週刊文春執筆者だから擁護したのではないと思うが、それにしてもツマラナイ今井の文章。叩いても”愛”がある記事を載せる東スポなら絶対ボツ。日刊ゲンダイならOKか。
ちなみに、「今井舞はペンネーム」と言われているが本名。高田馬場在住とのこと。
当ブログの記事
2011年05月19日07:38
★鈴木おさむを怒らせた「今井舞」とは何者なのか
http://tvmania.livedoor.biz/archives/51977919.html

★殺人シッター物袋勇治より、無責任母・山田玲奈の情報のほうがメシウマな件

「佐村河内」や「小保方」も吹っ飛ばす「ベビーシッター事件」。
日テレ「スッキリ‼︎」で、大沢あかね(巨乳)が、事件についてセレブ目線でコメントしたことが非難されている。
どうせなら「貧乏人は子供を作るな」ぐらい言って欲しいものだが、そんなことを言うとテレビから抹殺されるわな(笑)
ネットの反響を見ていると、犯人の殺人シッター物袋勇治よりも、子供を得体の知れない人間に預ける無責任な母親・山田玲奈の、個人情報のサルベージが進行している模様。
「佐村河内」や「小保方」が賞味期限切れの文春や新潮などが、次号にブチ込んでくるだろう。
しかし、子育て母を批判すると、文春の「安藤美姫出産アンケート」みたいな、読者の反応も予想されるので、無難な「行政批判」に落ち着いたりして。
以下、「激裏情報」のメルマガより
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
 激裏GATE PRESS
 ネット仲介殺人シッターに頼んだ被害男児母の裏事情
 預かった子供を殺害、逮捕された物袋容疑者。
 資格もなく、経験もない20代の男が逮捕。
 物袋容疑者のFB
 https://www.facebook.com/yuuji.motte
 http://www.gekiura.com/~press/mote.jpg
 まるで犬猫のように見知らぬ男に預けてしまった、被害男児の母親の裏事情が明らかになっている。
 被害児の母の書き込み
 http://www.gekiura.com/~press/kakiko.png
 生活保護受給中との記載も
 http://www.gekiura.com/~press/kakiko2.png
 キャッシュ
 http://sl.gekiura.com/xsrhm
 http://sl.gekiura.com/qnxep
 http://sl.gekiura.com/lpgwh
 被害男児母のプロフ
 http://pr.cgiboy.com/18052058
 腕にはいたずら書きタトゥ
 http://www.gekiura.com/~press/mote2.jpg
 プロフにある勤務先
 http://www.y-cancan.jp/top.html
 ナマポで落書きタトゥ、夜勤仕事はカラオケパブと、背景が明らかになりネット上ではバッシングされている。
 以前から定期的に深夜預けており、長男の顔が腫れていたり、背中にあざがあったりした事もあったという。
子供に怪我があった事について、物袋容疑者と話はしておらず、警察にも届けていない。
 そして「夜勤」は4時間。迎えにいかず36時間預けるというのはどのような事情だったのか。
 被害児童の祖母は44歳で健在だ。預けざるを得ない事情とは何だったのか。
 まさか母親の欲によって、子供が犠牲になったのでは、ないだろうが・・・
 被害者のご冥福をお祈りいたします。
image
image

★ミニスカ制服のCAを見てコーフンした男性が▼岡本夏生勝訴

【TOKYO MX】5時に夢中!3/18
出演:ふかわりょう、内藤聡子、北斗晶、岡本夏生
amarec(20140319-063431)
amarec(20140319-063529)
オープニング
amarec(20140319-063633)
amarec(20140319-065316)
「きょうは意味不明な格好です」と言う岡本夏生。
ふかわ「パッと見、志茂田景樹さんかと思ったんですけど」
岡本「春らしいわね」
北斗「春らしくねぇだろ」
きょうの生投票のテーマは「あなたは高い代償を払ったことがありますか?」
ふかわ「岡本さんどうでしょうか」
岡本「厄年ってホントあるんですね。厄年の時にね、たまたま全国ネットの、生放送のね、朝のテレビ番組で、アタシが発言したことが、あわや、訴えられる事態が起きたんですよ。その発言が間違ってる、って言って。アタシも間違ってるつもりはないから言ったんだけど、ある企業から訴えられましたと、アタシも弁護士を雇うハメになったわけ。最初に雇った弁護士が、よくテレビに出ている有名な弁護士で、当時。その弁護士が、その企業とタッグを組んで、裏で、寝返ったわけよ」
内藤「そんなことあるんですか?」
岡本「だからもう、これは勝ち目がないよ、謝っちゃったほうがいいよ、と弁護士が裏で(相手から)お金をもらって、よくあるんですそういうのが。ある時、勝ち目がある、から勝ち目がない、に逆転して、また全然違う弁護士雇ったら、今度は100万(円)、という話になったワケ、弁護士費用が。100万払って、大事な会話を録音して、原稿に起こしたワケ。それで私は(裁判に)勝ったワケよ」
ふかわ「…岡本さん、つくづく、訴訟人生ですね」
岡本「とにかく諦めちゃいけない、諦めないで。(訴訟相手は)”石鹸”じゃない、石鹸石鹸。あ、言えない言えない」
夕刊ベスト8
第8位「CA超ミニスカ制服 波紋」(読売新聞)
amarec(20140319-065606)
amarec(20140319-070447)
amarec(20140319-070726)
amarec(20140319-071650)
amarec(20140319-071705)
amarec(20140319-071734)
スカイマークが、CAの制服に採用予定の”超ミニスカ”を巡って、航空会社の労組が猛反発、という記事。
ふかわ「きのう(の5時に夢中!)でも取り上げましたが、岡本さんいかがでしょうか」
岡本「きのうも取り上げたということは、スカイマークとしては宣伝ブンブンで、まずは(PR)大成功、というのが一つありまして、そうは言ってもアタシ毎週のように海外に行って、スチュワーデスの動きを見てるワケですよねぇ。(乗客の)荷物を上げたりするときも、今のスチュワーデスさんの衣裳の丈でさえも、(下着が)見えないかな、と女性でもうっかり見ちゃう、ならば男性は100パー見るでしょう。スカイマークにおいては、JALみたいな食事や何かのサービスはないから、荷物も自分で上げなきゃいけないらしいから、屈んだりとか、そういう動作がなさそうだから、ミニスカートでもイケるんじゃないか、という案もありますが、ただね、飛行機の中って基本的に密室じゃない。密室の中で男の人も、若干ムラムラする人もいると思うんですよね」
ふかわ「ほうほうほう」
岡本「何がムラムラするか、って言うと、最近飛行機の中でも、エッチなシーンをそのまま、映画で出してんのよ。前は、エッチなシーンがあると良くない、ということで、エッチなシーンがあまりないような、映画をチョイスして流していたワケ。最近は、がっちりセックスしているような、映像をガンガン流していると、ね」
北斗「ホントかよー」
ふかわ「ガンガン、ってことはないと思いますけど…」
岡本「ガンガン流しますよ。アタシが見る映画見る映画見る映画、全部セックスシーンが入ってるよ!!」
ふかわ「何に乗っているんですか」
岡本「言えません。それでね、そういうのがあると、例えば男性ですからね、ムラムラした、その時男性が言うワケ、そういえば陸ではセックスしたことはあるけど、空中ではしたことがない、空中セックスを実現したい男が、いっぱいいるんですよ」
ふかわ「何のインタビューですか。そんなことは…」
岡本「ヘリコプターを持ってる社長さんとかね。一回でいいから空中セックスしてみたいとか」
ふかわ「一般論ではないと思いますけど」
岡本「そういった意味で、スチュワーデスさんの何かを見て、ムラムラして、まさかの!オナ・・・ニー!!」
岩井志麻子が憑依した?岡本を見てふかわ「やめましよう、やめましよう」
岡本「まさかの、(オナ、ニーを)トイレでやったらね、臭くなるし、生臭くなるし、基本的にスチュワーデスさんに求めるのは、キレイな足もいいんだけど、外国ではね、パンツルックで男みたいにやってるとこもあるワケ。パーサーみたいな格好なのよ。とても動きが良くてね、パンツのほうが動きやすいってアタシは快適でいいと思うの。(ミニスカは)足も冷えるし、どうかな、って思います」
ふかわ「ズバリ結論として、ミニスカの制服はアリかナシか、どちらでしょうか」
岡本「イヤ、やめてくれ。アタシは賛成派じゃないです」
CAの制服を着てみたい、と言う北斗に、岡本「着る??」
北斗「いいだろう、着たって」
岡本「やめてもらいたいよ!!」

★テレ東女子アナスポーツ取材禁止案にマツコが▼5時夢のフーミンのバストサイズは

【TOKYO MX】5時に夢中!3/17
出演:ふかわりょう、内藤聡子、マツコ・デラックス、若林史江
amarec(20140318-063409)
夕刊ベスト8
amarec(20140318-063826)
第4位「テレ東女子アナに”スポーツ取材禁止案”」(東スポ)
amarec(20140318-064056)
amarec(20140318-070054)
テレビ東京が、30歳以下の女子アナはスポーツ取材を一切禁止、という案がある、という話。
選手とすぐくっついてしまうので、どうしても女子アナを使いたいときは、既婚者かフリーを使え、とのこと。
昨年12月には、紺野あさ美アナが広島東洋カープ・野村祐輔との熱愛発覚、松丸友紀アナは競輪・新田康仁と結婚発表。
過去には、大橋未歩アナはヤクルト・城石憲之と結婚、前田海嘉アナは棒高跳び・澤野大地と結婚。亀井京子アナは元巨人の林昌範、大竹佐知アナは元ヤクルトの青木宣親と結婚して退社。
相内優香アナは卓球・松平健太と同僚社員の二股愛、秋元玲奈アナはDeNA・石川康洋とのデート現場を撮られる。
テレ東は慢性的な人手不足で、スポーツ担当の女子アナは選手に密着する時間が長くなり、いつの間にかくっついてしまうのでは、という見方も。
ふかわ「確かに多い印象がありますが、若林さん、どうでしょうか」
若林「でも可愛い子に取材されたほうが、男の人はしゃべるんじゃないですか。あることないこと。ないことはしゃべらないにしても」
マツコ「でも、現にスポーツ選手だってさぁ、女子アナとメシ食いたい、とかスポーツ局につついてきたりとかするワケじゃない。だから、ある程度需要と供給のバランスを取って、女子アナを送り込まないとさぁ、クソジジイばっかり(取材に)行ったって、いいよもう、特にテレビ東京なんて、ネット局も6局しかないし、やっぱり(フジテレビ)”すぽると!”とかねぇ、NHKのスポーツニュースとか、(日テレ)”Going!”とかは出たいけど、テレ東って何やってんだっけスポーツ、みたいな話になったらさぁ、巨人の選手はなかなか答えないでしょう」
ふかわ「そういうことなんですか?」
マツコ「そういうことよ!それはちょっと、”ウチの紺野(あさ美アナ)行きますよ”、とか言うと、”紺野ちゃんだったらちょっと会おうかな”、みたいに、巨人の選手とかは考えるんじゃないの?」
ふかわ「あくまでも”ファンタジートーク”ですよね?ココは」
マツコ「いいえ、全部リアリティでやってますよ」
amarec(20140318-071129)
第1位「細川ふみえ 再生計画」(日刊ゲンダイ)
16日のTBS「サンデージャポン」で、細川ふみえ(42)が7年ぶりにテレビ出演。90センチバストは健在で、グラビア復帰に意欲を見せた、という内容。
amarec(20140318-071310)
マツコ「ゴメンね今ね、この人も”フーミン”なんですよ」
若林フーミン「ええ、スイマセンね。ご多分に漏れず」
マツコ「バスト、何センチだっけ?」
若林「86センチぐらい」
マツコ「86もあるのよ。ウチのフーミンも。アンダーいくつだっけ」
若林「ななじゅう…6、7ぐらい」
マツコ「もうフーミン、アンダー落ちすぎ。だからちょっとウチのフーミンも許してあげて」
ふかわ「ハイ、分かりました。こっちのフーミンも、再生計画を、始めよう、ってことで」
マツコ「ヘッ?」
若林「アタシ何か再生する、しなきゃいけないアタシ。このままじゃダメですか」
ふかわ「…誰に気遣えばいいんでしょうか。以上夕刊ベスト8でした」

★紺野あさ美アナ「大江さん!オーイェー!!」@アナラボ+

【TX】アナラボ+3/16
林克征アナ、紺野あさ美アナ
大江麻理子アナの「WBS」キャスター就任、の情報。
大江アナにエールを送る紺野あさ美アナ「大江さん!OH YEAH!」
amarec(20140317-065837)
amarec(20140317-070202)
amarec(20140317-070237)
amarec(20140317-070258)
amarec(20140317-070416)
amarec(20140317-070424)
【TX】ニュースモーニングサテライト3/14
佐々木明子アナ、林克征アナ、紺野あさ美アナ
amarec(20140317-063603)
amarec(20140317-063631)
amarec(20140317-063647)
amarec(20140317-063745)
amarec(20140317-063805)
amarec(20140317-063913)
【TX】7スタライブ3/14
紺野あさ美アナ、野沢春日アナ
amarec(20140317-064047)
amarec(20140317-064118)
amarec(20140317-064309)
amarec(20140317-064814)
amarec(20140317-064835)
「マイライク!」鷲見玲奈アナ
amarec(20140317-064407)
amarec(20140317-064455)
amarec(20140317-064531)
amarec(20140317-064540)
amarec(20140317-064549)
amarec(20140317-064631)
amarec(20140317-064644)
amarec(20140317-064652)
amarec(20140317-064708)
【TX】ネオスポーツ3/15
増田和也アナ、秋元玲奈アナ、紺野あさ美アナ
amarec(20140317-065458)
amarec(20140317-065535)
amarec(20140317-065754)