★「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅」長野県・野辺山駅

JR”最高駅”野辺山駅(長野県南牧村)から中継。
大糸線・海ノ口駅から穂高駅へ行く旅人・関口知宏。穂高で、声をかけてくれた人に勧められたそば屋へ向かう。
安曇野の澄んだ水を使ったそばに「うまいっ!」と関口氏。穂高→松本→塩尻へ移動。
塩尻から普通列車で辰野へ。途中駅(小野駅?)で、ホームに集合していたおばさんたちに握手攻めにあう関口氏。
辰野駅の周辺を散策。ふらりと入った店で、水が自慢のアイスコーヒーを満喫。
再び普通列車で、辰野から岡谷へ。岡谷からは、特急スーパーあずさ22号で甲府へ。折り返し小淵沢へ。
小淵沢で湧き水を飲む。小海線で野辺山へ向かう。17時43分、野辺山駅に到着。
野辺山駅前で、地元の人と高原野菜を食べる関口氏。
※テレビにもよく登場する小海線。千葉県が舞台のはずのドラマ「ビーチボーイズ」(1997年フジテレビ、竹野内豊、反町隆史ほか)で、車に乗った反町が、列車に乗る竹野内と競走するシーンがあったが、竹野内が乗っていたのは長野県の小海線だった。

★今朝の芸能ニュース「藤岡弘、の夢」ほか

テレビ朝日「朝いち!やじうま」
●ペ・ヨンジュン ファンへ愛のメッセージ
▽「乳がん早期発見キャンペーン」に賛同している、エイボンの口紅(ヨン様サイン入り)をPR。
●藤岡弘、現代のサムライ CD発売
▽HMVでアルバム発売イベント。
子供の頃から大きな夢があった藤岡。「冒険家、探検家になりたかった。”藤岡弘、探検隊”(←テレ朝の番組)で叶ったわけだけど、それが想像以上にハードで、夢やロマンどころではなくなって、現実は厳しい」とのこと。
●中村玉緒復帰会見「バチが当たったと…」
▽声帯ポリープの原因は、「タバコとしゃべりすぎ」と言う玉緒。
故・勝新太郎との結婚のとき、タバコを止めるのが条件だったが「ハイ、と言って35年間止めなかった」と。
●フジテレビ菊間アナ来月復帰
TBS「みのもんたの朝ズバッ!」
●中村玉緒 復帰会見!
▽TBS「さんまのスーパーからくりTV」でテレビ復帰。毎日”朝ズバッ!”を見ている玉緒。玉緒の病気のニュースを伝えたとき、みのの「大丈夫!」という一言を聞いて元気になった、とのこと。
●「あぶない刑事」7年ぶり復活!
▽みの「かっこいいよなぁ~」。
●ビョン様 デザイナー初挑戦
▽ジュエリーブランド「サマンサ・ティアラ」のデザインに挑戦。
●「中居正広のテレビ50年」番宣
▽中居からみのにメッセージ。
テレビ朝日「やじうまプラス」
●阪神優勝!虎ファン歓喜 渡辺謙、島倉千代子
●宮沢りえ 結婚準備OK!?若奥様役で”料理上手アピール”
●声帯ポリープ手術から復帰 中村玉緒「ノイローゼにも…」
●ビョン様がデザイナーに ”母の思い出”を激白
●7年ぶり復活「あぶない刑事」舘&恭兵”ド派手”に登場
●藤岡弘、 初アルバム発売 芸能生活40年目の挑戦
●米米CLUB「集大成ベスト」”未公開映像”豪華に満載
●未成年アイドル飲酒問題”謹慎”フジ菊間アナ復帰へ
●ヨン様”リップスティック”発売「ピンクリボン」参加呼びかけ
日本テレビ「ズームイン!!SUPER」
●阪神リーグ優勝 芸能界も祝福
●さんま&上戸がサッカー地球一を応援
●「まだまだあぶない刑事」に銀座がパニック
●宮沢りえ CMで新米主婦に
●ヨン様「四月の雪」韓国映画最速100万人!
●中村玉緒 涙の復帰会見
フジテレビ「めざましテレビ」
●中村玉緒 2ヵ月ぶりに復帰
●イ・ビョンホン ジュエリーデザイン
●「四月の雪」100万人突破
●宮沢りえ 新米主婦に
●V6主演映画 主題歌プロモ
●阿川&爆笑 ”スタ★メン”出場!
▽阿川佐和子が生出演で、新番組の抱負を語る。
●ゆず テーマ曲完成「陽はまた昇る」

★読売「週刊誌はどこへ」連載記事を曲解する文春

今日発売の週刊文春「読売新聞『週刊誌批判キャンペーン』を嗤う-会長は小誌がお嫌い?」という記事。
9月21日から24日まで、読売本紙で連載(Webには未掲載)された「週刊誌はどこへ」という記事について、連載最終回に、編集長が読売のインタビューに応じた文春が、反論している。
読売のナベツネから、名誉毀損で訴えられている文春。「”三浦和義事件”で、文春とともに訴えられた読売が、週刊誌を笑えるのか。言論には言論で反論せよ」というようなことを言っている。
読売連載の内容は、田中真紀子による「出版差し止め事件」や、別府大学名誉教授の遺跡捏造疑惑報道での「抗議の自殺」などが、「無責任報道」の代表のように論じられ、文春にとっては煙い感じ。
「ある週刊誌のケース」として、まず見出しを決め、あとから記事やコメントをはめ込んでいく編集方法を批判する読売。文春は「具体例を出せ」と主張しているが、どうみても「週刊新潮」である。
新潮と一緒にするな、ということだろうか。
読売の記事は「なぜ総合週刊誌は売れなくなったのか」という視点で書いている。
週刊誌には他のメディアと比べて「割高感」がある、社会の不満を代弁する役割は今やネットが担っている、と言うジャーナリストの武田徹。
マーケティングプランナーの辰巳渚は「ゴシップしか載っていない、記事に社会的な意義があるのか疑問で志も感じない、そんな週刊誌は売れなくても当然」と指摘している。
文春編集長は、記事を掲載する前には、何度もチェックし信憑性のない内容は載せない、と読売のインタビューに答えているが、芸能記事などは嘘ばっかりである。訴えられても全く反省しない。
読売が指摘していた、雑誌は訴えられても誰も責任を取らない、という点については、誰かしら責任を取る新聞の方が優れている。
ホリエモンに「週刊現代は2ちゃんねるに抜かれますよ」と言われた週刊現代も、週刊誌の必要性を主張していて笑えたが、文春も無責任な記事ばかり載せていたら、主な読者である、団塊世代のリタイヤとともに、消えて行く運命になるだろう。

★「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅」長野県・海ノ口駅

c269e7ff.JPG今朝はJR大糸線・海ノ口駅(長野県大町市)から中継。昨日の旅は、富山県・城端線城端駅からスタート。
旅人・関口知宏、城端線で高岡へ。高岡から、北陸本線の普通列車で富山へ。富山からは富山港線で岩瀬浜へ。滞在時間は6分間で、富山駅に戻る。
富山からは「特急北越3号」で糸魚川へ。昼食は富山駅で買った季節限定の「まつたけごはん弁当」。
糸魚川では、女性の津軽三味線奏者・二代目高橋竹山さんと再会。前回の旅のとき、車内で会った人。津軽三味線の手ほどきを受ける関口氏。
糸魚川からは、普通列車を乗り継ぎ、16時53分、大糸線・海ノ口駅に到着。風格のある駅舎を見て「渋っ!」と言う関口氏。
駅前に湖が広がる海ノ口。海のない長野県なのに、なぜ海というのか?昔は目の前に広がる木崎湖を”海”と呼んでいたから、とのこと。
※富山港線といえば、2006年から路面電車化され、JR西日本から「富山ライトレール」に移譲。駅も、ホームの低床化など大改造されるが、番組内では触れられなかった。
写真は、まだ国鉄だった1981年に、私が撮影した富山港線の終点・岩瀬浜駅。

★筑紫哲也が編集委員の雑誌「週刊金曜日」が、通信社の記事を盗用

今朝の産経新聞「『週刊金曜日』が記事盗用」という記事。
筑紫哲也らが編集委員を務める雑誌「週刊金曜日」が、契約していない時事通信社、共同通信社の配信記事を盗用していたことが28日に発覚。
同誌の北村肇編集長は、盗用を認め「原因を究明するとともに、ほかにも盗用がないかについて調べている。読者や関係者に謝罪し、早急に再発防止策をまとめたい」。
「週金」は「月刊金曜日」として1993年創刊。定期購読主体で、休刊した「朝日ジャーナル」の思潮を受け継いでいる週刊誌。1999年、連載をまとめた「買ってはいけない」がベストセラーになったことも。
”ウソ発見誌”週刊金曜日http://www.kinyobi.co.jp/Recent
(追記)
統一教会系の新聞「世界日報」の指摘により発覚したそうだ。
世界日報「『週刊金曜日』が記事盗用 独自取材装い選挙総括 時事、共同通信記事から大部分を引用」http://www.worldtimes.co.jp/special2/kinyoubi/050928.html

★丸山和也弁護士が、週刊新潮への「出版差し止め請求」を取り下げ

テレビ朝日「朝いち!やじうま」
●氷川きよし「ジーパンで植木の栽培」
●浜崎あゆみ”初受賞したときから大人になった”
●ソン・イェジン 日本のCMに初出演
●「冬ソナ」総集編発売
TBS「みのもんたの朝ズバッ!」
●氷川&あゆ 感激!ベストジーニスト
▽浜崎あゆみのセクシーなジーンズ姿を見てみの「これで外歩けるわけ?下着じゃないのこれ」。
竹内香苗アナ「1985年には、橋本龍太郎さんも受賞しています」みの「なんかの間違いでしょ」。
●映画「世界の中心で、愛をさけぶ」番宣
●冬ソナDVD 未公開キスシーンも!
▽みの「ホントー?後から作ったんじゃないの」と冗談。
●杉田かおる「いいとも」降板
▽みの「いずれ”朝ズバッ”に来てもらおうじゃない。コメンテーターとして」。
テレビ朝日「やじうまプラス」
●丸山弁護士が週刊誌への出版差し止め請求取り下げ
●浜崎あゆみも殿堂入り”ベストジーニスト”発表
●チェ・ジウを中心に再編集「冬ソナ」スペシャル版発売へ
●本上まなみオススメ「紅茶は大自然の中で」
▽「リプトンひらめきIST AWARD 2005」。永井大も出席。
●神田うの「恋バナ」激白 20代にした大恋愛の数々…
▽Yoshi著「恋バナ青・赤」100万部突破記念イベント。Yoshi、うの、ルー大柴が出席。
ルー「若者はな、もっとラブしなきゃいけないのよ。怖がるな。いいじゃない失恋したって。
その中からさ、明るいジャパンがさ、ディスカバーできると思わない?」。
●宍戸錠 柏原収史「もし探偵になったら…」
▽ネットシネマ「探偵事務所5」の会見。
●”お騒がせ”杉田かおる「いいとも」1年で降板へ
●杉田かおる仰天発言「大河」より「かくし芸」を重視!?
▽山崎寛代「営業用のリップサービスですね」。
●浜崎あゆみ 氷川きよし”ジーンズが似合う芸能人”
●”ベストジーニスト”テリー伊藤 ジーンズへのこだわりは?
▽やじプラコメンテーター・テリー伊藤も受賞。
「僕にとって肌みたいなもんですよ」。「7、80本持っている」とのこと。
日本テレビ「ズームイン!!SUPER」
※「前田知洋最強マジック」番宣で、マジシャン・前田知洋が生出演、生マジック披露。
●ベストジーニスト 氷川きよし大感激 浜崎あゆみ永久の”名誉”
●ヨン様 キスシーンも”冬ソナ”名場面復活
●新番組「落下女」に個性派芸人 大集合
▽芸人の中で”落とされたい”人はいる?南海キャンディーズ・しずちゃん「バナナマンの日村さん」。
日村勇紀「これ本当にそうなんですね。僕は彼女のことを”静代”と呼んでいます」。
フジテレビ「めざましテレビ」
●ベストジーニスト賞 あゆ&きよし栄冠
●ブリトニー 挙式映像公開
●ペ・ヨンジュン”恋人”CMデビュー
▽コカコーラ「ジョージア」CMに出演するソン・イェジン。
●ゆずinスペイン”太陽”に出会う旅 第2回
※丸山和也弁護士「出版差し止め」について
昨日28日付の産経新聞「丸山弁護士、仮処分申請」によると、
29日発売「週刊新潮」に掲載される記事「またもや法外な弁護料要求で粉議調停『丸山弁護士』」の内容が、
「人格攻撃が目的で、発売された場合はいわれなき汚名を着せられる」として、
丸山氏が発行元の新潮社を相手に出版差し止めを求める仮処分を、27日、東京地裁に申し立て。
新潮社は「記事は公益を図る目的がある」として、申し立て却下を求める答弁書を提出。
今朝の産経新聞「丸山弁護士、申し立て取り下げ」によると、
28日、丸山氏側は「発売日が翌日に迫っており、事実上、差し止めは難しいと判断した」と話した、とのこと。

★「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅」富山県・城端駅

ef393bba.JPG今朝はJR城端(じょうはな)線・城端駅(富山県南砺市)から中継。
和倉温泉駅から特急に乗り、再び七尾駅に降り立った旅人・関口知宏。
バスで七尾から脇を経由し、氷見(ひみ)線・氷見駅へ。氷見線に乗車、雨晴(あまはらし)駅で下車。
雨晴の浜辺で、大量のクラゲ発見。「こんなの初めて見たよ」と関口氏。雨晴から高岡へ移動。
高岡から城端線に乗り込み、高儀駅で下車。砺波平野を散策。大豆畑で農家の人と話す関口氏。
駅の伝言板に「高儀の空も車窓や海の空もキレイでした」と書き込む。終着駅、城端に到着。
※氷見線、城端線とも、国鉄時代に乗ったことがある。雨晴近辺の海岸はとてもきれいで感動した。写真は、私が1981年夏に撮影した、国鉄当時の雨晴駅。