★TBSの「安定株主」に、ビックカメラほかビックカメラほかビックカメラほか

”切込隊長”氏もエントリされている話題だが、BSデジタル放送のチャンネル獲得、BSデータ放送の会社(メガポート放送)をビックカメラ系の「日本BS放送」に吸収、に続きTBSにも…。ラジオNIKKEIによると、ビックカメラは「10位株主」になる見込み、とのこと。毎日放送は5位、電通は6位、三井物産は8位。
ビックカメラのような、社員に残業代もきちんと払わない会社(改善命令は出たが)はダメです。

★未定だったTBS金曜10時ドラマは、井上真央主演「花より男子」に決定

今日の東スポより。30日、TBSは秋の番組改編について発表。
未定になっていた金曜10時枠は、TBS系CBC制作昼ドラ「キッズ・ウォー」の主役を務めた井上真央が主演する「花より男子(だんご)」に決まったが、他の出演者は未定なのか発表されず。
東スポの記事によると、当初金曜10時は、V6岡田准一主演で「メゾン・ド・ヒミコ」を制作する予定だったが、岡田が所属するジャニーズ側が「主題歌はジャニーズで」と主張したところ、犬童一心監督が拒否。ジャニーズは、TBSの他の番組からも所属タレントを引き揚げか、とのこと。
タレント引き揚げの真偽はさておき、準備期間が短いドラマは日テレの「愛情イッポン!」(松浦亜弥主演)などのようにコケるケースが多い。2chには、「金曜10時は大塚寧々・椎名桔平主演の『GAME』」(東野圭吾原作?)とあったが、ガセだったのか中止になったのか。

★眞鍋かをりが語る「ブログを始めるとココが変わる」

眞鍋かをりのブログ本「眞鍋かをりのココだけの話」より。

1、本音が言えるようになる!「かぎりなく素に近い自分を表現することができるんです!」
2、毎日が楽しくなる!「トラックバックは、毎日の生活にハリを与えてくれます」
3、意見を持った人間になれる!「書きたいと思ったテーマについて深く考える習慣がつきます」
4、引き出しの多い人になれる!「一度考えたことの引き出しの中から言葉を選ぶ感覚が身に付くようになります」
5、自分の”バイオリズム”がわかるようになる!「その時々の気分が顕著に現れるので、あとから見直したときに、自分の波や成長ぶりなどがわかります」

「バイオリズムがわかるようになる」について。「ココだけの話」の更新が滞っていた時期(今年4月)について眞鍋さんは「精神的に参っていた」と告白。
私も「★てれびまにあ。」を始めて明日で丸2年になりますが、過去の記事を読み返していると、たくさんエントリしているが内容がすべて”怒り”だったりする日や、全くやる気が感じられない内容の日など、”波”がよくわかる。成長はしていませんが(^^;

★「ハナタカ天狗」に「TVチャンピオン」優勝者が登場

●TBS「ハナタカ天狗!」
▽湘南の水着ギャルに自慢話を聞く。今から9年前に放送された、テレビ東京「TVチャンピオン」”小学生図画工作王選手権”で優勝した岡田悠希さん(当時10歳)が登場。当時の映像も流れる。
インリン・オブ・ジョイトイの”弟子”折原悠子さん(22)も登場。
●フジテレビ「芸能プロフィール刑事」
▽ゲストは高3のグラビアアイドル・石井めぐる。石井の胸を触る眞鍋かをり。石井の張りのある胸と、自分の胸を比べ落胆。

★ヨン様イベントに、早朝から並ぶオバサンたちを生中継

テレビ朝日「朝いち!やじうま」
●ペ・ヨンジュン試写会にファン4000人
●振付師真島茂樹 今度はCMデビュー!
▽「小指立てましょうか」とマジー。
●仲間由紀恵 禁断の質問にドキッ
▽缶コーヒー「ワンダ」のCMに出演。会見で「目覚めの一杯を男性と飲むなら、どんな男性がいいですか」という質問に、仲間「…ねっ」と困惑。
●「蝉しぐれ」初の映画化 チェ・ジウも応援!
▽木村佳乃主演。木村の友人、チェ・ジウがVTRでエール「木村佳乃さん、ファイティング」。
フジテレビ「めざましテレビ」
【6時台】
●ヨン様プレミア ファン殺到
●真島茂樹 初CM出演
▽大塚範一キャスター「小指立ってますね」
●仲間由紀恵「朝のコーヒーは…」
●ハロプロ完敗 袴田チーム優勝
▽袴田吉彦監督チームのメンバー、あじゃ「袴田君と結婚する」と袴田に迫る。ハロプロチームのコメントは流れず。
●市川海老蔵 初映画初出演
●ジャニーズ・ダンス・グループ「MA」ミュージカル初出演
●ザ・ローリングストーンズ ミック・ジャガー独占インタビュー
▽日本のテレビでは「めざましテレビ」が独占。今日発売のオリジナルアルバムについてなど語る。日本のファンにメッセージ「日本には来年行くつもりだよ」。
【7時台】
●ヨン様プレミア ファン殺到
▽6時台では流れなかった、ヨン様と共演するソン・イェジンのコメントが長く流れ大塚キャスターも喜ぶ。「感じたのは、大塚さんの影響力の強さですか」と軽部真一アナ。
●ミック・ジャガー 新アルバムを語る
●エリック・クラプトン 家族への思い(インタビュー)
●真島茂樹 初CM出演
●ハロプロ完敗 袴田チーム優勝
●市川海老蔵 初映画初出演
●市川染五郎&木村佳乃 本格時代劇
▽「この映画によって高感度アップしたなぁと思いました。今日から染五郎ファミリーとしてやっていきたいと思います」とふかわりょう。
●藤岡弘、 忍者と対決!?
▽映画「SHINOBI」イベント。藤岡は映画には出演していない。
●アンダーグラフ ツアー・ファイナル
TBS「みのもんたの朝ズバッ!」
●「ヨン様~!」四月の雪に感激
▽9000人のオバ様が結集した、という記事に「ヨン様のために??不愉快だね」とみの。
●今夜放送の映画「釣りバカ日誌13」番宣(西田敏行)
●マジ~で 今度はCM
▽小指を立てるマジーを見てみの「ソーセージは、ああやって持たないといけないね」。
●A・ガーファンクル また逮捕
▽みの「もったいないね、彼ほどの才能を持ったミュージシャンがね」。
●仲間由紀恵「朝はコレっ!」
▽「朝早く起きるコツは?」という質問に仲間「早く寝ることですね」。みのさんはどうですか?と聞く竹内香苗アナに「起きようと思ったら起きられる」とみの。
テレビ朝日「やじうまプラス」
【6時台】
●ヨン様新作舞台あいさつ オバ様9000人殺到
●仲間由紀恵新CM「朝から元気」の秘訣
▽村上祐子アナの早起きの秘訣は「目覚まし時計をいろんなところに仕掛ける」。
●内山理名 難役に挑戦 亡き父に飛躍を誓う
●ベッキー 新作CM「目が似てる」ファービー好き
●セクシー杉本彩 アジアのアイドル挑発!?
▽胸元が大きく開いたセクシードレスで登場した杉本を見て、ジェイ・チョウ「恥ずかしいね」と目を合わせず。
●真島茂樹CM出演 松平健に「感謝の気持ち」
▽DHA入りソーセージ。真島にとってのDHAは?「D、ダンス。H、ハイテンション。A、愛」。
●染五郎 木村佳乃 新作完成に感無量
▽映画「蝉しぐれ」会見。映画初出演のふかわりょう「(僕の演技は)非常に評判の方もいいという感じで、本当にバラエティよりこっち(役者)の人なのかな、と正直思ってしまいました」。
●乙葉 幸せ笑顔 結婚直前撮影の新CM
【7時台】
●海老蔵 特攻隊員役 初映画初主演で新境地
●團十郎 白血病再発?病床からのメッセージ
●勘三郎 ”励ましの舞”山古志村に恩返し
●ヨン様見たさ会場騒然!「入れない」オバ様4000人大興奮
▽今日はさいたまスーパーアリーナでイベント。ヘリで上空から生中継。7時28分現在、すでに30人ほどが行列。昨日のイベントについて、”嫌韓”勝谷誠彦「(オバサンたちに対して)皆さん投票に行きましょう、とでも言えばよかったのに」。
※スポーツコーナーでは、女子テニスのマリア・シャラポワが12月に日本ツアー、という記事を紹介。乳首が立っているシャラポワの映像が流れる。
以前からシャラポワに対して批判的な勝谷「やじうま的には楽しいですね。このウェアもやじうま向けにサービスしているのかな」。
日本テレビ「ズームイン!!SUPER」
●恒例・ヨン様フィーバー絶叫イベント
▽「プライベートな写真を撮るのは絶対にやめてくださいね」というアナウンスも無視して撮りまくるオバサン。
●市川海老蔵 主役で映画デビュー
●市川染五郎 主演映画に豪華キャスト
●中村勘三郎 年末時代劇に挑戦
●「野ブタ。をプロデュース」主演女優決定!
▽戸田恵梨香と堀北真希。毎回「お弁当」が登場するドラマ。
●真島茂樹がソーセージダンス
▽ヨン様登場の3時間前に、同じ会場で会見。

★大友愛選手の流出画像騒動、KAT-TUN赤西熱愛?など

今日の芸能記事感想。
●バレーボール・大友愛選手の流出画像紹介記事(フラッシュなど)
気の毒。可哀想。
必ず週刊誌は「このような画像をネットにばらまくのは悪いことだ云々」と記事の締めに書くが、全く説得力がない。ネットを見ない人にばらまいているのは週刊誌。
今回の騒動を嘆く、大友選手のファンサイトに「自業自得だろ!」という書き込みが見られたが、ファンサイトを荒らしはいけません、なんて私が言っても、全く説得力がないですねごめんなさい。
●KAT-TUN赤西仁とAV出身蒼井そらが交際している、という情報
今日配信、香港の新聞「大公網」の芸能記事。関西の番組で芸能リポーター(井上公造か?)が、名前をイニシャルにして伝えた、という内容。先月発売のゴシップ月刊誌には、同じKAT-TUNの亀梨和也と蒼井のツーショット写真が掲載されていた。
蒼井そら公式サイトより

◆お知らせ◆
先日、某雑誌にて掲載されましたタレントのと交際等の報道につきましては全くの誤報であり、そのような事実は一切ございませんのでお知らせ申し上げます

芸能人・有名人は、プライベートではいっさい写真を撮らない(写らない)ほうがいい、というのもなんだか寂しいですね。

★書籍版「眞鍋かをりのココだけの話」を読む

ココログの超人気ブログ「眞鍋かをりのここだけの話」が、書籍化に伴ってブログデザインがリニューアル、タイトルも「眞鍋かをりのココだけの話」http://manabekawori.cocolog-nifty.com/blog/に。昨日の昼間は変更中だったのか、地味なデザインになっていた。
私は「ココログブックス」で購入、28日に届いた。眞鍋さんのポストカード付きである。
本の中身。
「ココだけ」がスタートした2004年6月30日から今年7月2日までのエントリを、日付順に掲載。”トラックバック日本記録”を達成した「なりきりTommy february6」(2004年7月12日)の”メガネ写真”も。このときのメガネはもう無くした、とのこと。
代わりに?撮り下ろしのメガネ写真も掲載。ケータイのカメラで撮影した「携帯写真館」や「ブログ登場店」の紹介も。
巻末には「眞鍋かをりとブログの歩み そして読まれるための10カ条」。眞鍋さんへのインタビューを収録。「10カ条」から抜粋する。
1、カッコ付けはダメ! 「ブログを書くときは自虐的であれ」
2、素性はできるだけさらして 「読み手ができるだけあなたのことをイメージしやすくなるようなプロフィールを作ってください」
3、主張はOK。…でも批判は考えもの 「自分本位で読み手のことを考えないブログは読まれないんです」
4、改行をマスターすべし 「パッと見で文字がギッシリつまっていたら、読む前にゲンナリしてしまいます」
5、ふだん話している言葉で書いてみよう 「普段のテンションで書いたほうが文章も書きやすくなり、リズムが生まれます」
6、テーマをしぼって書こう 「ひとつのコラムに対してたくさんのネタが盛り込まれていると、読み手は混乱してしまいます」
7、自分の職業を思い切りフィーチャーしてみよう 「その職業ならではのこぼれ話や苦労話は本当に興味が持てます」
8、人気ブログにトラックバックしてみる 「存在を知ってもらえなければアクセス数は増えません」
9、写真を活用してみよう 「ちゃんと手入れをされているブログというのは見た目の第一印象でなんとなく感じるものです」
10、顔文字を駆使してみよう 「読者に伝えたい雰囲気をより正確に表現できるのです」
「批判は考えもの…」には考えさせられる。また、アクセス数が多いブログは、より一層表現に気をつけて書かなければならない、と思った。