★カルト宗教の勧誘に気をつけろ

28日、宗教団体「顕正会」の会員である石川秀樹(20)、と行徳祐一(28)の二人が、大学生に強引に入信を迫り2時間監禁したとして逮捕、というニュースがあった。
「冨士大石寺顕正会」といえば、ルーツは創価学会と同じ、静岡県富士宮市にある冨士大石寺(日蓮正宗)の信徒団体。創価学会について「池田大作教」だ、と攻撃しているが、顕正会も「浅井昭衛教」であり、「顕正会を信じないと日本は滅びる」などと言う狂信的なカルト教団。ここ数年、信者勧誘のトラブルが各地で発生しているが、私も1998年に、複数の信者からしつこい勧誘を受けたことがある。昔の日記から転載する。

1998年。
当時、J-フォンの「スカイメール」など携帯メールでよく遊んでいた。
いろんな女性と、メールのやり取りを楽しんでいた。実際に会ってデートするケースも多かったが、女のほうから、会いたい、と言ってくる場合は、会うとたいていセールスや宗教の勧誘だったりして、ムカついて自分から退席することもあった。
宗教に勧誘されたケース。フルネームではなく、なぜか名字しか入れてこない女とメール。数度メールを交わした後、電話してもいいですか、と電話をかけてくる。当たり障りのない自己紹介が終わってすぐ、一度会いませんか、と言う。
待ち合わせは駅の改札前。なぜか女が二人いる。「友達も連れてきた」などと言う。そんなこと聞いてないぞ、と思うが、仕方なくすぐ近くのファミレスかマックに行くことになる。席に着き、自己紹介や世間話が一通り終わったところで、いよいよ女どもが本題を切り出す。
「あなたは未来に不安はないですか?助かりたくないですか?」と言い出す女たち。相手を不安にさせる勧誘方法だ。顕正会を信じると必ず助かる、信じないと必ず死ぬ…(笑)。パンフを取り出し、狂気じみた説明を始める女たち。この宗教は、東京都板橋区常盤台にある(注・1998年当時)顕正会なる反創価学会の宗教団体。
この女たち、見かけは全く普通のねーちゃん達だ。街中で「祈らせてください」なんて、通行人に声を掛けている奴らとは雰囲気が違う。宗教はたいして信じてないが、勧誘のノルマを稼ぐためにやっている、という感じも。目つきもカルト宗教特有の、イッている感じではない。どこかまともな仕事につけよ、と思った。
その後、東武東上線常盤台駅前のマックには「宗教等の勧誘お断り」という張り紙が張られていた。確かに他の客には迷惑だし。宗教関連のサイトにも顕正会の勧誘方法が批判されていた。勧誘されて常盤台の本部に連れていかれたら、入信するまで返してもらえないらしい(笑)。日本国内にも北朝鮮みたいな組織はいっぱいありそうだな。
宗教自体は決して否定しないが、宗教団体は駄目だ。顕正会も、やってることは創価学会と大して変わらない。目糞鼻糞を笑う、ということか。宗教の勧誘には気をつけたいものだ。

***
その後2000年に、顕正会はさいたま市大宮公園に移転。大宮公園といえば、埼玉有数のラブホスポットとして有名で、ともに制服姿で入っていく高校生カップルも。私も某ホテルの4人で泊まれる部屋に2人で休憩したことがあったが、部屋がかなり広くて驚いた記憶がある。

★日刊ゲンダイ「マニアが買いに走る藤本綾”引退DVD”の濃厚な中身」

昨日発行の日刊ゲンダイ「マニアが買いに走る藤本綾”引退DVD”の濃厚な中身」という記事。
7月23日から、東京・テアトル新宿で2週間限定レイトショーで公開中の映画「メノット」。
”ニャンニャン写真”流出で芸能活動を休止していたアイドル・藤本綾。藤本の芸能界復帰作だった同映画が、引退作品になってしまったのだが、藤本の大胆な”濡れ場”目当ての客で予想以上の反響。
「公開初日は立ち見客が出たほどの盛況でした。レイトショーとしては異例のヒットを記録しています」(配給のブループラネット)
映画館のみで先行発売されている、未公開映像を収めたDVDも大人気。藤本の乳首を本編とは別の角度から丹念に撮影した映像や、DVDでしか見られない共演の国分佐智子のセクシー映像も収録されている。
***
公開前から、週刊誌やスポーツ紙で話題になっていた「メノット」だが、いざ公開されると記事にするマスコミは皆無。藤本の裸目当ての客は入っているようだが、映画関連のサイトや個人ブログでは「内容がなくて腹が立った」など酷評が目立つ。藤本は既に引退しているので、この映画出演についての感想などは聞くことができないが、芸能活動休止から映画出演→引退に至るまで、どういう心境だったのか、いつか聞いてみたい感じ。

★ソニンや岡田ひかりなどテレビ感想

一昨日、昨日のテレビ感想。
●ソニン
▽28日、日本テレビ「ザ!情報ツウ」
「トークツウ」のゲストとして登場。デビュー曲、ということで懐かしいEE JUMPのジャケ写が映る。
3か国語が話せる、という話。韓国語は70パーセント、ECCで習っていた英語は「ちょっとだけ」話せる、と謙遜する。
自宅をビデオで紹介。冷蔵庫の扉には、イラストで描いた食材をマグネットに貼って、庫内に何があるか分かるようにしている。ゴミの分別表も表示、ずいぶん几帳面な人である。
締めは、来月行われる渋谷でのライブの告知。
▽28日、日本テレビ系読売テレビ「どっちの料理ショー」
今週は、ゴーヤチャンプルーと豚キムチの対決。おいしそうなキムチ登場に喜ぶ。もちろんソニンは豚キムチに投票、無事食べられる。ライブの告知も。
●岡田ひかり
▽27日深夜、テレビ東京「し~たく」
中山秀征ドライバーの「し~たく」。今週は、グラビアアイドル祭り+総集編。岡田、類家明日香など「し~たく」でおなじみのグラビアアイドルが登場。”M字ビターン”を決める岡田。類家は、作り物のヘビを胸や腰にからませて登場。走ったときにヘビがずれ、中山に「乳見えてるよ」と言われる。
ゲストの前田健、ピー音並びに発言テロップにもモザイクが入っていたが、「男しか好きになれないんです」など他の番組では使えない発言多数。押し入れに中山と二人きりになり、中山の足に自分の足をからめようとする前田。
▽28日深夜、フジテレビ「北野タレント名鑑」
”平成のあき竹城”というキャッチをフリップに書く岡田。順調にクイズに正解し、”顔出し”で登場。元新幹線グリーン車アテンダントだった岡田、水着姿でワゴンを押し、車内販売風景を再現する。大林素子らも出演。

★岡八朗告別式、チェ・ジウ来日など

TBS「みのもんたの朝ズバッ!」
●岡八朗さん告別式に涙の参列者
▽元・吉本興業のマネジャーだった木村政雄「全盛期はとっても怖くて、クソーッと思ったこともありましたけど、ホントは優しい人でしたね」
●「ドラゴン桜」番宣
▽山下智久「ぜひ、みのさんの授業も受けてみたいです」みの「早く呼んでちょうだいよ~大人の世界を教えちゃうよ」
テレビ朝日「やじうまプラス」
●チェ・ジウ元気に来日
●リュ・シウォンも来日
●福原愛とジャッキー・チェンで日中友好
▽六本木ヒルズ「中国と日本60年の歩み」イベント。
●高田万由子、愛娘にメロメロ
▽「葉加瀬太郎よりビッグになれ」と高田。
●岡八朗告別式 愛弟子オール巨人号泣
日本テレビ「ズームイン!!SUPER」
●「女王の教室」番宣
▽天海祐希「お子さんと見ていただいて、何がよかったか悪かったか、いっぱいお話して欲しい」
●24時間テレビ&レアル・マドリード
▽24時間テレビのTシャツを、今年もイオンなどで発売。「(地方に)出張とか行くと、ジャスコ(の)おっきいの(店舗)ありますからね~」と羽鳥慎一アナ。
●岡八朗告別式 オール巨人涙の弔辞
●杉本哲太 自転車持ち去り
フジテレビ「めざましテレビ」
●チェ・ジウ笑顔で来日
●コールドプレイ シークレットライブ
●アンタッチャブル 初のCM出演

★眞鍋かをり「プロフィールに書かれた3サイズは、いまだに18のときのままです」

昨日発売「サブラ」の、フジテレビ「芸能プロフィール刑事」紹介記事より。MCビビる大木と眞鍋かをりが、番組について語る。

大木「初回の放送で、特技が剣道という眞鍋くんのウソがいきなりばれるっていうね。身内に犯人がいました」
眞鍋「私のプロフィールに書かれた3サイズは、いまだに18のときのままです(きっぱり)。でも、でっちあげの捜査のなか、みんなぶっちゃけてくれてます」

以前から話題になっているが、眞鍋さんの年齢はウソじゃないよね?と言ってみる。

★小学館「サブラ」が、女社長におわび

昨日発売・サブラのおわび。

【記事のお詫び】
sabra011号・P.26に掲載されている、トレンダーズ株式会社代表取締役社長・経沢香保子氏のインタビューの一部が、経沢氏の意図とは異なるコメントになっております。経沢氏ご本人および関係者各位、そして、読者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

記事のどの部分が社長の意図と反しているのかさっぱりわからないので、サブラ011号に掲載された社長のコメントを抜粋する。

「もともと、人生は楽しければいい、というタイプ。仕事自体は楽しかったので続けられた」
「知ってますか?専業主婦よりも仕事をしている女性の出産率が高いことを。おそらく、精神的に余裕がある方が子供を産みやすいんですよ。働いていれば、社会参加の実感も得られ、孤独に陥らず、生きる自信がつくはず」
「子供を5人産んで、日本の少子化を防ぎたい(笑)」

この社長が経営する会社の業務内容は、「女性に特化したマーケティングサービス」とのことだが、二番目のコメントは、専業主婦批判につながるのでまずいかも。
トレンダーズ株式会社・マスコミ掲載実績http://www.trenders.co.jp/new_html/t-mass/mass212.htm

★棋士・羽生善治の著書、谷川浩司の著書からパクリ多数

昨日発売の週刊新潮「『谷川浩司』をパクッたか?『羽生善治』本」によると、羽生は、7月10日に「角川oneテーマ21」(角川書店)から「決断力」という本を出版。しかし、この著書は、5年前に同じ「角川oneテーマ21」シリーズから刊行された、同じく棋士の谷川浩司の著書「集中力」と似たような表現、同じエピソードなど、パクリとしか思えない話が多く見られる。
角川書店の担当者の話。
「ご指摘の箇所は五年の歳月を隔てて、同一人物が著者の原稿をリライト、加筆訂正した部分と思われます」
新潮は「…と他人事のように文書回答し、意図的な盗用を否定するが」と糾弾する。
昨日の日刊ゲンダイもこの話題を取り上げ、角川の担当者の話を載せている。
「羽生さんの原稿と谷川さんの原稿を、同じ人間がリライトしているため似通った表現になってしまったのです。将棋に造詣の深いライターは少なく、たまたま同じライターが担当した。升田幸三先生の言葉も将棋界ではとても有名な言葉で、両者が引用してもおかしくない。そうした偶然が重なったためです」
「降って湧いた騒動に担当者は頭を抱えている。」とゲンダイはまとめている。ゲンダイは基本的に出版社を批判しないので、このような表現なのか。
ゴーストライターのやっつけ仕事がバレた感じだが、同じ出版社の同じシリーズとはマヌケ過ぎる。編集担当者も、いかに普段から自社の本を読んでいないか、ということ。昨今の出版不況の元凶は、粗悪な本しか作れない編集者、にあるのだろう。