★AV女優、林由美香は自殺なのか

林由美香(小栗由美香)が、自宅で遺体となって発見された、というニュース。
今朝の日刊スポーツのスクープだが、朝の情報番組では紹介されず。夕刊紙の扱いは、東スポが一面で大きく。夕刊フジは自殺説でまとめ、日刊ゲンダイは6月1日にゲンダイのインタビュー記事に応えた時の様子も。デリヘルにも進出する予定だったそうだ。
テレビでは扱わないと思うが、来週の週刊誌がどんな報道をするだろうか。

★週刊文春「女性1000人アンケート『TVイケメン文化人No.1は?』」

週刊文春「女性1000人アンケート『TVイケメン文化人No.1は?』」という記事。30代から50代の女性1000人に「イケメン文化人」を3人以内で挙げてもらった。

1 橋下徹 231
2 鳥越俊太郎 149
3 筑紫哲也 109
4 デーブ・スペクター 59
5 テリー伊藤 51
6 齋藤孝 50
7 久米宏 40
8 中西哲生 34
9 石田衣良 33
9 ピーコ 33
11 宮崎哲弥 32
12 諸星裕 29
13 パンツェッタ・ジローラモ 27
13 星野仙一 27
13 丸山和也 27
16 乙武洋匡 25
17 石原慎太郎 24
17 辛坊治郎 24
19 二宮清純 22
19 宮本亜門 22
21 加藤千洋 20
21 姜尚中 20
21 北野大 20
24 有田芳生 19
24 嶋信彦 19
24 舛添要一 19
27 糸井重里 18
27 江原啓之 18
27 小泉純一郎 18
27 田原総一朗 18

259位に「植草一秀」が入っていた(1票)そうだが、「嫌いな女アンケート」に比べると全く面白みがない。「ブサイク文化人」アンケートも同時にとればよかったのに。大谷昭宏や勝谷誠彦らがランクインしそうである。

★週刊新潮「板橋・両親殺害『信心が足りない』が引き金だった『創価学会三代』の惨劇」

週刊新潮「『この15歳』を生んだ『家庭』」。「板橋・両親殺害『信心が足りない』が引き金だった『創価学会三代』の惨劇」を読んで。
東京都板橋区成増にある、ゼネコン・佐藤工業社員寮での両親殺人事件。15歳の都立工業高校に通う息子が犯人として逮捕されたが、殺された両親は、祖父母の代から熱心な学会員で、息子は日頃から父親に「おまえは信心が足りないから、あんなバカ高校へ行ったんだ」などと罵られ、殴られていたのが原因、とのこと。ワイドショーなどで続報が伝えられないのは、学会がらみだからか。
板橋区成増、といえば学会の支部(事件の現場から近い)もあり、学会にとっては重点地域の様子。成増と同じ東武東上線沿線のときわ台には、学会と対立する団体・顕正会(ルーツは学会と同じ静岡県富士宮市・大石寺)の本部がかつてあり(現在はさいたま市大宮公園)、成増近辺のファミレスでは、双方の信者による勧誘がよく見られた。

★上戸彩と松浦亜弥のCM対決

今朝の芸能ニュース。上戸彩と、松浦亜弥の新CMが大きく取り上げられる。
TBS「みのもんたの朝ズバッ!」は、「松本幸四郎ミュージカル2000回」や、木村佳乃・瀬戸朝香出演スペシャルドラマの番宣など。キスが未遂に終るあややCMを見てみの「全然“あわわ”じゃないよ」。
テレビ朝日「やじうまプラス」は、山口智充、森田剛出演のドラマ「零のかなたへ」記者会見。俳優で元自衛隊員だった今井雅之原作・脚本の舞台のドラマ化。
NHK朝ドラ「わかば」舞台会見、クロマティ「クロマティ高校」に抗議、など。
日本テレビ「ズームイン!!SUPER」には、映画「逆境ナイン」の宣伝で玉山鉄二が生出演。話し始める前に「あのー、あのー」を連発していたが、口癖なのだろうか。
フジテレビ「めざましテレビ」には、6月29日に1050円という低価格のアルバムをリリースしたDef TechがVTRで出演。テレビ番組のインタビューに応えるのは「めざまし」が初めて。なぜ低価格にしたのか、という問いに、アメリカでアルバムは1枚9ドルから10ドルであり、子供にも買って聞いてもらいたいから、とのこと。

★足首をありえない方向に回す眞鍋かをり

P1000059.JPG昨日のテレビ番組感想。
●フジテレビ「離婚弁護士2」最終回
いつもは一話完結だが、ラスト2回は連続で。金で買えないものはない、と豪語する悪徳IT会社社長(武田真治)を、インサイダー取引で逮捕に導く弁護士・天海祐希。雑誌編集長・宇梶剛士との別離宣言には意外な感じがしたが、パート3もやるのかな。
●関西テレビ「曲がり角の彼女」最終回
意外に視聴率がよかったためか?15分延長。稲森いずみが外資系に引き抜かれるとは意外な展開。副社長・要潤との仲も復活しハッピーエンド、であるが、できれば二人に結婚してもらいたかったような。年末あたりにスペシャルでどうですか。
●TBS「ハナタカ天狗」
ゲストは千秋。次長課長の河本と、新宿ルミネ前で一緒に写真を撮った女性が登場。宮迫博之「ワシも昔は女の子にキャーキャー言われたんやぞ」と主張するが、信じない千秋。
●フジテレビ「考えるヒトコマ」
「コミックボンボン」での掲載予定が中止、と発表されたが、確かにセックスを匂わせるようなネタはまずいかも。「あの男がついに登場」は引っ張り過ぎ。
●フジテレビ「芸能プロフィール刑事」
ゲストは根本はるみ。「ついにあの軍団から来ましたよ」と言うビビる大木に「今は4人なんですけどね」と根本。外国人のエロチックな英会話を訳させられ憤慨。
根本のIカップバストを触る眞鍋かをり「やわらか~い!」。体の柔らかさをアピールする眞鍋、足首をありえない方向に回しスタジオ騒然(写真参照)。

★みのもんた、小倉優子について「人間じゃないんだ」

TBS「みのもんたの朝ズバッ!」
●「ショーケン判決に従う」
●「ドラマ『赤い疑惑』番宣」。陣内孝則「みのさん、ぜひ見てください」。「当然でしょう~女房と一緒に見ます」とみの。
●「寅さんの”おいちゃん”逝く」
●「東大合格法の『ドラゴン桜』記者会見」。学生時代、たいして勉強しなかった、というみの。
●「UFO、雪男をゆうこりんがナレーション」。小倉優子についてみの「”こりんと”星だっけ?ぜんぜん話が合わないんだ、食い違って。人間じゃないんだ。おじさんが一番弱いタイプだよね」。
テレビ朝日「やじうまプラス」
●「岩手県議会でUFO論争 サスケ議員”私は2度見た”」。勝谷誠彦「もっとまじめなことをやれよ」。
●「松村達雄死去」
●「伊東美咲台湾俳優とメル友」映画「アバウト・ラブ」会見。台湾のアイドル、チェン・ボーリン「美咲さんはキレイ、オモシロイ」。
●「深田恭子メナード化粧品CM」。化粧について深キョン「すごく好きなんですよ、肌作りや基礎化粧品が」。
●「アンガールズ『ノロイ』映画デビュー」
●「広末涼子白いドレスの”人魚”」。雑誌「フラウ」に掲載。
●「ソン・イェジン ファンの集いに男性殺到」
●「ガッツ石松”一日除菌隊長”」。除菌クリーナー”ドメスト”の宣伝イベント。便器に座ってトークするガッツ。
最近、北海道・稚内に行ったガッツが一句「日本の最北端稚内 うちの奥さんおっかない」。
妊娠が発覚したヤワラちゃんには「離乳食が終わるまでは、おかあさんのおっぱいで育てて欲しい」と普通にコメント。
●「石田ひかり ヤワラちゃんにエール」。「とにかく体に気をつけて、楽しい”妊婦ライフ”を送って欲しい」。
●「『はぐれ刑事純情派』今夜最終回」。藤田まこと「どうぞご期待ください」とコメント。
日本テレビ「ズームイン!!SUPER」
●「大塚愛新曲PVネコ目線で」。CGで、レッサーパンダ・風太くんのように立つ猫たち。「昔のなめ猫も立ってましたけどね」辛坊治郎キャスター。
●「独占『あぶない刑事』韓国撮影現場」本物の拳銃使用。舘ひろし「重くて震えます」。拳銃は空砲だが、大きな音に驚いた近所の人が飛び出し、撮影が中断することも。
●「独占 DefTech新曲PV」
フジテレビ「めざましテレビ」
●バックストリートボーイズ生出演

★ゴミとして捨てられるユースケ・サンタマリア

485a37b3.JPGユースケ・サンタマリア出演、オートバックス”恒例夏祭り”のCM。
値段の安さに「ありえない」と言うユースケ。値段がホントだったら?「俺のこと捨てていいよ」と言うユースケが、ゴミと一緒に集積場に捨てられる。
「これはCM上の演出です」というテロップが入っているが、過去にもエステ会社「エルセーヌ」が、外国人モデルを集積場に捨てるCMを放送して苦情が来たように、このCMにも苦情は必至か。