★文春も「ブラックジャーナリズム」ではないのか

週刊文春「人はそれをブラックジャーナリズムと言う 朝日新聞が武富士から受け取った『ウラ広告費』5000万円」という記事を読んで。
朝日新聞が文春の広告枠で「人はそれをブラックジャーナリズムと言う」部分を黒塗りし、文春側は「言論の自由を侵害された」とコメント。文春や新潮の広告が、朝日新聞で黒塗り・白塗り・伏せ字になるのはよくあることだが、すると文春は、「ウチは文春を批判する広告も載せますよ」と解釈していいのか。載せるとは思えないが。
週刊朝日の連載記事が、問題企業「武富士」に資金を出してもらった関係で、朝日新聞で武富士批判ができなくなっている、というのは確かに問題だが、文春も、10年ほど前「JR東日本労組」の批判記事を載せたために、JRのキヨスクから長い間販売拒否され、JRに謝罪して販売を復活させてもらった、という過去がある。それ以来、文春(のほかキヨスクに販売を依存している雑誌すべて)でのJR批判はタブーになった。当時、扶桑社「SPA!」も、田中康夫連載のJR批判で、販売拒否を食らったこともあった。
創価学会批判をする週刊文春も、今週号では、宗教団体「阿含宗」のタイアップ広告を、10ページにも渡って掲載。阿含宗からいくら貰ったのか。「PR」と書いてあれば、読者不在企画を載せてもいいのだろうか。
(追記)
JRの労組といえば、JR東日本の房総地区(内房線・外房線など)では、今では珍しくなった職員(千葉動労=「中核派」系)による「ストライキ」が、毎年春の「恒例」行事。千葉以外では全く注目されないニュースだが、間引き運転や運行停止など、地元民は大迷惑。
1985年11月に起きた、国鉄分割民営化阻止の「国鉄浅草橋駅焼き討ち事件」は中核派の犯行だが、当時の国鉄総武線などには、電車の車体に左翼的スローガンが職員によって殴り書きされるなど、利用者無視の惨状。
国鉄は、左翼系職員を房総半島に押し込め(「JR東日本」とは別に「JR千葉」という別会社に分ける案もあった)、1987年に分割民営化を果たす。理不尽な要求を繰り返すストライキもなくなったが、日本で千葉だけが20年前と変わらない状態。
左翼を忌み嫌う文春や新潮などの雑誌メディアは、いまだに地域住民に迷惑をかけている「千葉動労」も批判すべき対象だと思うが、全く触れないのは「JR」だから、である。叩くべき左翼は、朝日新聞やNHKだけではないはずだ。
JR東日本千葉支社のおわびhttp://www.jrchiba.jp/strike.html

お詫び
 国鉄千葉動力車労働組合のストライキにより、列車に運休や遅延が生じ、お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしました。
 深くお詫び申し上げます。

★週刊文春「安倍なつみ『盗作ぐらいでガタガタ言われてムカツク』」

Pht0503311057.jpg週刊文春「安倍なつみ『盗作ぐらいでガタガタ言われてムカツク』」という記事。
昨年末から2カ月間、自作として発表した歌詞やエッセイに盗作が発覚し、芸能活動を自粛していた安倍なつみ。
2月7日、事務所側から「記事にする際、盗作した歌手名、曲名は出さないで欲しい」「時間制限があるので、代表質問のみにして欲しい」などと要望された“茶番復帰会見”では、反省の言葉を述べ、涙ぐんだ安倍だったが、会見直後、安倍は事務所関係者にこう言い放った。
「休んでいる間にいろいろ考えたとか言ったけど、別に何も考えてないからさぁ。涙ぐんでみたけど、なっち、そういうところで女優が役に立ったよ」
「マスコミって嫌だよね。なっち、つくづくそう思うんだ。盗作したとか、小さいことでガタガタ言われるとムカツク!普通、いい言葉があったら、みんなメモしちゃうでしょ?結局、ほかにネタがないんだよね」
近い知り合いが「確かに言葉ってかぶるよね」とフォローしたあと、
「そうさ!そうさ!だって、この世には限られた言葉しかないんだよ。彼氏ができたら『好き』って、みんな言うでしょ?それと同じことじゃない?いいなーって思った言葉が、たまたま同じだったんだよ」
反省の色は皆無の安倍。事務所に取材を申し込んだが、やはり回答はナシ。
今後創作活動はしない安倍だが「涙を流す演技を含め、研究熱心さは失わないようにね!」と記事は結ぶ。
※※※
以前から、モーニング娘。らが所属する事務所・アップフロントを批判し続ける文春。
こんなどうでもいい「なっち発言」より、先日からネットで話題になっている、「モーニング娘。のコンサートチケットが右翼に流れた話」(★モーニング娘。所属事務所がコンサートチケット転売者を「恫喝」http://tvmania.livedoor.biz/archives/17314755.html)のほうが、よっぽどニュース性があると思うのだが。右翼がらみはスルーですか。
常軌を逸した「里谷多英バッシング」(文春などに協力した里谷の元夫側も恥知らずだが)といい、「文春の捏造記事を苦にし自殺した大学教授」の名誉毀損裁判で敗訴したにもかかわらず、謝罪文掲載号で記事の正当性を訴えるなど、最近の文春はおかしい。
反省の色なし、と書かれたなっちも、人を死に追いやっても反省ナシの文春に言われたくねーよ、という感じか。

★今日もマライア・キャリーの衣裳が気になる

今朝の各局芸能ニュースは、「森進一・昌子夫婦が別離宣言」「ひざまずくリチャード・ギア」「上戸彩とボビーの”オロC”CM爆笑会見」など。
「森・森夫婦」は、昌子が旧所属事務所・ホリプロ仕切りになっていることに驚く。東京に移住し、芸能界復帰が囁かれている桜田淳子も、復帰となれば、所属していたサンミュージックからだろうか?
日本テレビ「ズームイン!!SUPER」では、嵐の松本潤がメイン司会の新番組「ミンナのテレビ」会見の模様。出席者は和田アキ子、KAT-TUN、エレキコミックなど多数。KUT-TUNの亀梨和也が、古いアッコさんの曲をアレンジして歌いたい、と発言、古い人扱いされた?和田が「亀!」とツッこむ場面も。
フジテレビ「めざましテレビ」では、マライア・キャリーがフジテレビ本社を訪問した様子を。胸元が大きく開いたセクシー衣裳。軽部真一アナがマライアを引率しニュースセンターへ。安藤優子キャスターと握手。「めざまし」がずっと追っている、川嶋あいの「路上ライブ1000回達成」の模様も放送。
今日のマライアは、六本木ヒルズアリーナでの「来日記念スペシャルイベント」でファンの前に登場、明日はテレ朝「ミュージックステーション」生出演。

★「森進一・森昌子別居」のフライング報道

今朝の各局芸能ニュースは、「森進一・昌子夫妻別居」「リチャード・ギアが小泉首相とダンス」「米倉涼子、海老蔵との関係をしつこく聞かれる」「嵐の櫻井翔が母校・慶応を応援」など。
「森進一・森昌子別居」は、明日発売の女性セブンの記事をスポニチが紹介しているのだが、発売前に内容を書いてしまうのはルール違反。他紙は明日まで待つ予定だったのでは?
小泉純一郎首相に似ている?リチャード・ギアと首相のツーショット。映画「Shall we Dance?」のPRだが、テレビ朝日「やじうまプラス」では勝谷誠彦が「首相をPRに使うとは」と憤怒。
TBS「みのもんたの朝ズバッ!」では、キングコング西野亮廣が、写真誌で巨乳アイドル・狩矢真美とツーショット写真を撮られたあと、狩矢が雑誌のグラビアで「キンコン西野の彼女」として登場していることに怒りを爆発させた会見を放送。「売名行為だ!」と怒りつつ「ちょっかいは出しました」と西野。
竹内香苗アナが、キングコングを知っていますか、とみのに振るが「最近のお笑いは知らない」とみの。「爆笑問題は知ってる」。「一緒に番組されてますもんね」と竹内アナ。
日テレ「ズームイン!!SUPER」では紹介されなかったようだが、「日テレジェニック第8期メンバー」発表のニュースも。メンバーは愛川ゆず季、浜田翔子、西田奈津美、吉田智美の4名。某個人ブログによると、愛川ゆず季は以前「彩川ゆず季」という名前で活動していて顔も整形している、と。真相は?

★「フラッシュ」が巨人・上原浩治の弁護士に謝罪

c7cf9fe6.jpg
今日発売「フラッシュ」4/12号。
「フラッシュ」で”トラブルメーカー”扱いされた加藤弁護士が、光文社相手に約3500万円の損害賠償を求めていた訴訟。
2月18日、東京地裁は「真実との証明がなく、裏付け取材も不十分」として、光文社に300万円の支払いと謝罪広告掲載を命じた。
この謝罪広告、フラッシュ側の完全謝罪だが、ワープロ打ちで紙出ししたモノをそのまま入稿した感じ。急遽入れたのですか。
ところで、加藤弁護士に苦言を呈した「法曹界の大御所」はおとがめ無し?

謝罪広告
株式会社光文社及び折敷出慎治は、「FLASH」
2003年12月16日号において、「『彼の人間性は
いっさい信用しない』・・・法曹界の大御所が苦言
上原”代理人”加藤弁護士に『トラブルメーカー』
の声!」との見出しのもとに、貴殿に対する記
事を掲載しましたが、当該記事は事実に反し、
全く不適切な論評を内容とするものでした。
このような記事を掲載して貴殿の名誉を著しく
毀損し、多大なるご迷惑をおかけしましたこと
について、ここに謹んで謝罪しますとともに、
当該記事の内容をすべて撤回いたします。
平成17年3月29日
株式会社光文社
代表取締役 並河良
「FLASH」編集人 折敷出慎治
弁護士 加藤君人 様

★アニメ映画「名探偵コナン」にも「この作品はフィクションです」の表示

昨日、日本テレビ系で放送された、春休み映画スペシャル「名探偵コナン 銀翼の奇術師<マジシャン>」。
映画後半では、飛行機の操縦経験などない女子高生が、墜落寸前の飛行機を、小学生探偵「名探偵コナン」の指示によって操縦し、北海道・室蘭港の埠頭に着陸させるという荒唐無稽な展開。
エンディングに「この作品はフィクションです」という、劇場公開時にはなかったはずのテロップが入る。こんな話が、現実に起こるわけがないのだが、難クセをつける視聴者への抗議対策だろうか。
民放のドラマには必ずと言っていいほど「このドラマはフィクションです」という断り書きが入るが、それは「私を勝手にドラマの題材にしている」などと電話をかけてくる視聴者への抗議対策である。
NHKでは「ドラマがフィクションなのは当たり前」という観点で、断りを入れていないそうだ。
バラエティでも、テレビ朝日の「鈴木タイムラー」のように「フィクションです」と断っている番組もあり、先の「カミングダウト」(日本テレビ)問題のように、内容が虚実入り乱れている番組は、あらかじめ「フィクションです」と逃げを打っておいたほうがいいかもしれない。
しかし、アニメにまで「フィクションです」という断りを入れなければならないとは。「テレビに映っているものはすべて真実」と思っている人が増えている、ということなのだろうか。

★「TBSは変」とも言われる「TBSの変」は成功するか

昨日スタートした”TBSの変”平日ベルト3番組「みのもんたの朝ズバッ!」「きょう発プラス!」「イブニング・ファイブ」を見た。「朝ズバッ!」については昨日のエントリ参照。
「きょう発プラス!」は、前番組「とってもインサイト」のリニューアルで、特に新鮮味はなし。スイカップ古瀬絵里アナはどこへ行った?
テレ朝「スーパーモーニング」から移籍した梨元勝が、芸能コーナーを担当する、というのが目玉だが、梨元と同時期に活躍していた鬼沢慶一や須藤甚一郎らが引退状態の今、そろそろ世代交代なのでは?という感も。通販コーナーの司会もいただけない。
番組タイトル「きょう発プラス!」というのは、「とってもインサイト」のコーナー「今日発!」に”プラス”した、という意味だが、テレビ評論家の麻生千晶は「テレ朝『やじうまプラス』の”プラス”のパクリ」と斬り捨てていた。
4月から読売テレビ「ウェークアップ!」も「ウェークアップ!ぷらす」に、テレ朝「Matthew’s Best Hit TV」も「Matthew’s Best Hit TV+」になるなど、番組タイトルに”プラス”を入れるのが流行っているのか。25年ほど前には、朝日放送のワイドショーに「プラスα」という番組もあった。
「イブニング・ファイブ」は、「ジャスト」の三雲孝江アナと「ウォッチ!」のラサール石井に、共同通信の後藤謙次(「イラク人質事件誤報」問題で名前が出た人?)氏がメイン。「共同通信社では視聴率100パーセントです」とラサールが言っていた。TBSと提携関係の毎日新聞には、もう人材がいないのだろうか?
夕方のニュース番組は、昔はTBSならローカル枠の「テレポート6」と全国枠の「ニュー スコープ」(ニュース・コープではない)に分かれていたが、フジテレビが1980年代に「スーパータイム」(逸見政孝、幸田シャーミン)で枠を統合したあたりから、各局フジに倣え、という感じに。
「イブニング・ファイブ」を見ていたら、ローカル枠と全国枠(名称は「イブニング・ニュース」)はそろそろ別番組に分けたほうがいいのではないか、という気もした。
なお、「イブニング・ファイブ」は、番組予約サイト「ON TV JAPAN」では、「報道番組」ではなく「情報番組」のカテゴリに入っている。